要介護者の血液浄化療法

患者と医者

いろいろな原因で腎臓機能が低下すると、自力で血液が浄化できなくなります。こうした慢性腎不全の状態になっても、病院で定期的に人工透析を受けることで通院治療が可能です。病院やクリニックによっては無料送迎サービスを実施しており、要介護者でも透析を受けることができます。車椅子対応の送迎車も増えています。

詳細を確認する...

増加する糖尿病と合併症

受付室

糖尿病が進行することで起こる合併症に糖尿病腎症があります。自分で尿を作り出すことができなくなるため、病院での人工透析が必要になります。世田谷区では、人工透析などの高額医療に対して高額医療費の支給をおこなっています。糖尿病は食事や運動によって予防できる病気です。

詳細を確認する...

都心の病院

病棟

新宿は日本国内の中でも人口が非常に多い都市です。そして新宿区内には数多くの内科があり、開業時間も日中が忙しい人のために夜間に診察をしている病院が存在します。また良い内科の特徴としては、院内感染を予防するために病院内の衛生管理がしっかりと行われている病院が挙げられます。

詳細を確認する...

腎臓機能低下への対処法

将来は人工透析も楽に

診察

臓器はどれも生存には欠かせないものですが、特に腎臓は血液を浄化するという重要な働きをしています。肺と同じく腎臓が2つあるのは、一方が駄目になった場合も片方がカバーするというバックアップの役割を果たしているからです。それだけ腎臓は大事な器官なのです。その腎臓もさまざまな原因で病気になることがあります。慢性腎臓病は腎臓機能が少しずつ低下していく病気で、初期の頃はほとんど無症状です。腎機能が50%程度に低下してから頻尿や貧血・身体のむくみ・疲労感といった症状が出てきます。こうした症状は血液中の老廃物や毒物の処理がうまくできなくなることの現れと言えます。腎機能低下がさらに進むと慢性腎不全の状態となり、人工透析が必要となります。全国では30万人以上の患者さんが透析治療を受けています。週に2回から3回通院し、1回あたり3時間から4時間かけて専用の機械により血液を浄化するのです。忙しい人にとって透析治療は大きな負担となります。新しい人工透析の技術も開発が進められています。将来的には身につけるタイプの専用器具を使って、慢性腎臓病の患者さんでも常時透析を受けながら普通に生活する時代が来ると予測されます。

人気の治療法

腎臓内科のある病院やクリニックではユニークな透析治療を実施しているところがあります。仕事の忙しい腎臓病患者のために夜間透析にも対応できるクリニックが増えており、仕事帰りにも気楽に利用できる点が人気の秘密です。透析中は長時間の安静を強いられる点が大きな負担でしたが、その点でも変わりつつあります。テレビを見ながら過ごせる施設や、透析中にノートパソコンでの仕事が可能な施設もあります。睡眠中に7時間以上かけて透析できるシステムでは、特有のかゆみも軽減できます。在宅で可能な腹膜透析の方法も人気の方法です。週に何度も通院せずに済む点に大きなメリットがある他、腹膜透析では時間をかけて少しずつ血液を浄化する点でも身体的負担が軽くなります。以上のように透析治療も進化していますが、透析を行わずに腎機能を少しでも維持するに越したことはありません。病院ではさまざまな治療法を実施しながら患者さんの体調を見極め、腎臓への負担を軽減させるための食事指導も行っています。腎臓病は早期発見するほど治療が楽になります。夜間頻尿や疲労感・食欲不振といった症状があるようなら、早めに腎臓内科を受診します。常時透析で普段通りの生活を送るチャンスを掴みましょう。